記事一覧

BVLGARIのロゴが刻まれたベゼルはなんとも色気があって、他の機械式時計にはない魅力を備えていました。

愛用のディアゴノ スクーバは、ラグジュアリーな金無垢の1本。マリンスポーツを愛する飯間会長だが、当然海にこの時計はつけていかず、海辺にいるような気分を盛り上げる時計として長年大切にされてきたのだそうだ。そんな会長の熱意は当時の顧客の方々にも伝わったようで、取り扱いはじめて間もなくブルガリ ブルガリが人気を博したという。

「ブルガリ ブルガリは1977年に初代モデルが発表され、当初はローマ本店でのみ販売されていた時計。BVLGARIのロゴが刻まれたベゼルはなんとも色気があって、他の機械式時計にはない魅力を備えていました。時計業界において天才デザイナーと言われるジェラルド・ジェンタによるデザインコンセプトであり、我々が扱いはじめたころでも色褪せずにファンを多く獲得してくれたのを覚えています」

 冒頭に紹介したブルガリ アルミニウムも、まさにこのブルガリ ブルガリから派生したバリエーションだが、用いる素材を変えてさらなるヒットを生み出した要因は、ベースとなったジェンタによるデザインがあればこそだろう。2000年になって彼の工房が傘下に入り、ジェンタ自身はすでに去っていたものの、そのエッセンスがブルガリのウォッチメイキングに生き続けているのは、オクトシリーズを見て感じるとることができる。

2021年 ブルガリ新作偽物 オクト フィニッシモ S SAP103286

オクト フィニッシモ S
Ref:SAP103286
ケース径:40.00mm
ケース厚:5.25mm
ケース素材:18Kピンクゴールド(サテン / ポリッシュ仕上げ)
防水性:100m
ストラップ:ブラックアリゲーター、18Kピンクゴールド製アーディヨンバックル
ムーブメント:自動巻き、Cal.BVL 138、約60時間パワーリザーブ、毎時21,600振動、36石
仕様:時・分・秒(スモールセコンド)表示、超薄型ケース、コート・ド・ジュネーブ、シースルーケースバック
ピンクゴ-ルドケースの「オクト フィニッシモ S(OCTO FINISSIMO S)」も、サテン&ポリッシュでケースを磨き分けており、メリハリのあるきらめきを演出。ブラックラッカー製のダイヤルのグロッシーな輝きも美しく、色気あるムードを作り出している。

【関連記事】:http://kenjiro.top/

コメント一覧

2021-22秋冬 URL 2021年09月29日(水)16時11分 編集・削除

大注目のトレンドキーワードをチェックして誰よりも早くおしゃれを先取りしよう!

最高の価格と信頼性を URL 2023年07月17日(月)17時52分 編集・削除

ロレックスのデイトナを売却する際には、信頼できる買取業者を選ぶことが重要です

時計を着ける人は時間 URL 2023年07月29日(土)08時38分 編集・削除

工学と高級時計製造の伝統の賜物であるこの先駆的な機構は、3世代にわたる研究開発の成果であり、グランドソヌリ スーパーソヌリ、ミニッツリピーター、パーペチュアルカレンダー、スプリットセコンド フライバック クロノグラフ、フライング トゥールビヨンなど、23の複雑機能を含む40の機能を搭載しています

ティソ シースター 2023年12月11日(月)20時27分 編集・削除

10万円以下で手に入る、手頃な本格派ダイバーズウォッチが新たな装いで登場した。

時計 パテック フィ URL 2023年12月14日(木)21時44分 編集・削除

時計のブランドといえば、パテック フィリップが欠かせません

1974 年 製 腕 URL 2024年01月05日(金)02時12分 編集・削除

1974年、腕時計製造業界において画期的な出来事が起きました

人気ブランドの最新時 URL 2024年01月22日(月)19時42分 編集・削除

流行の先端を行く人気ブランドの最新時計コレクション。スタイリッシュで実用的な時計をピックアップ。

ジェンダーニュートラ URL 2024年02月27日(火)10時11分 編集・削除

どんなスタイルにも合うユニセックスな時計の選び方と、それらがファッションにおいて果たす役割について。

ロレックス コスモグ URL 2024年04月18日(木)14時10分 編集・削除

ロレックス コスモグラフ デイトナ レインボー( .116595 )は、ロレックスのフラッグシップモデルであるコスモグラフ デイトナのダイヤモンドモデルです

カーダシアンファミリ URL 2024年06月03日(月)10時43分 編集・削除

カーダシアンファミリーは、世界的な社会的影響力を持つ家族として知られています。彼らの生活は常に注目を浴び、そのファッションやアクセサリーの選択もファンやメディアの関心を引きます。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー