記事一覧

ユンハンスのマックス・ビルを愛してやまない理由

博物館に所蔵されてもいいデザイン。そしてとんでもなくバリューを秘めた時計なのだ。

数年前、所有する時計の数もまだ少なかった2016年の純真なあの頃、私は大きな夢と小さなポケットをもった若き大学院生でした。そして、ユンハンスのマックス・ビルに心を奪われていました。

ロレックスは、自分にとってはあまりにも...ザ・高級時計という感じでした。ロジャー・フェデラーやカシミアを着たベン・クライマーのような都会の洗練された人たちの手首には似合いますが、私には似合わなかったのです。

ロレックス パームモチーフ コピー デイトジャスト 36 オイスタースチール 126200

商品コメント
はオリーブグリーン、パームモチーフダイアルとオイスターブレスレットを備える。
リファレンス 126200
モデルケース
オイスター、36 mm、オイスタースチール
オイスター アーキテクチャー
モノブロックミドルケース、スクリュー式バックケース、リューズ
直径
36 mm
素材
オイスタースチール
ベゼル
ドーム
リューズ
スクリュー式、トゥインロック(二重密閉構造)
クリスタル
傷防止サファイア、日付表示部にサイクロップレンズ
防水性
100 m/330 フィート防水

それでも私は、2010年代半ばに流行した名もなき時計よりも、もっと別の世界があるはずだと思っていました。マックス・ビルのクリーンでミニマルな美学は、家具やマットレス、ジューサーなどを販売するためにインターネット上であなたを追いかけまわすD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)ブランドが完成させた美学と同じであり、従順なミレニアル世代である私にすぐヒットしました。

【関連記事】:http://mybrand7.top/

コメント一覧

福岡県の高級ブランド情報 URL 2021年11月05日(金)12時14分 編集・削除

世界のファッションやコレクションをはじめ、ファッションモデルやビューティ、ジュエリーなど、 ファッショントレンド、コーディネートをご紹介。