記事一覧

チューダーがシルバー925を採用した理由は?

オープンケースバックにした上に
シルバー925を採用した理由は?
ブラックベイが、初めてプレシャスなメタル素材をまとった。スーパーコピー時計白く輝くその正体は、今では他にあまり例がないシルバー合金”925”。シースルーバックも採用し、自社製キャリバーの姿を露わにした。

チューダー 偽物ぺラゴス LHD 25610TNLカテゴリチューダー ペラゴス(新品)

型番25610TNL

機械自動巻き

材質名チタン

ブレス・ストラップブレス

タイプメンズ

カラーブラック

外装特徴回転ベゼル

ケースサイズ42.0mm

機能デイト表示

ヘリウムガスエスケープバルブ

チューダーの話題作「ぺラゴスLHD」。

「LHD」とは「Left Hand Drive」の略で左利きのダイバーの為に作られました。

人気のサブマリーナー・通称イカ針モデルの復刻版ですが、オリジナルとは違い、ヘリウムガスエスケープバルブも装備して500mもの防水性能を誇ります。

ケース径を現代のトレンドに合わせて大型化しているのもポイント。

リューズガードもヴィンテージモデルの様にヒラメ型にデザインされており、雰囲気があります。

白い輝きを長く保つ独自のシルバー合金ケース
ウォッチズ&ワンダーズジュネーブでの発表モデルの中にも、むろん注目作はある。この「ブラックベイフィフティ‐エイト925」は、その1つ。モデル名にある「925」とは、銀を92・5%含む合金を意味し、スターリングシルバーの名で広く知られる。懐中時計の時代にはケース素材として多用され、腕時計になってからも散見されたが、今ではほとんど使われないのは、SSやWGとは違い酸化・硫化して黒ずんでいくから。しかしチューダー曰く、「このモデルで使用するシルバー合金は極めて安定しており、表面の変化を最小限に抑えている」。

一般的なスターリングシルバーは、残り7・5%に銅を用いているが、チューダーは、それとは異なる金属を組み合わせたのだ。その独自のシルバー925ケースは、「光沢が時間の経過とともにわずかに鮮やかさを失う可能性はあるが、従来のシルバーウォッチやジュエリーのイメージとしてある変色や黒ずみは起こさない」という。

シルバーの魅力は、SSでは得られない明るい輝き。しかも貴金属の1つではあるが、チューダーの価格帯から大きく外れることもない。そして「ブラックベイ初のプレシャスメタル製ケースをリリースするにあたり、さらなる楽しみを見出してもらいたかった」と、シースルーバックが採用された。

ダイヤルやベゼルの色違いではない、一層の価値ある新作の投入で、ブラックベイは選択の幅を広げた。

コメント一覧

2021年新品腕時計情報 URL 2021年12月09日(木)19時23分 編集・削除

コラムやショッピング情報など楽しい情報がたくさん。

マフラーで超おしゃれ URL 2021年12月10日(金)23時15分 編集・削除

毎日の着こなしのヒントとして〈1日1コーディネート〉を毎朝お届け!