記事一覧

速報!2022年グランドセイコー新作モデルを発表!

2022年のWatches & Wonders Geneve、初参加となるグランドセイコーは、新モデルを多数打ち出してきました。

2020年にはグランドセイコー生誕60周年、2021年にはSEIKOが140周年を迎えたことで特別モデルがローンチされましたが、実は2022年もいくつかの周年を迎えます。

グランドセイコーの歴史、そしてスーパーコピー時計業界のこれからを寿ぐような多彩な新作には、同社の時計製造への意気込みをも感じられます。

この記事では、Watches & Wonders Geneve 2022で堂々公開された、グランドセイコー新作モデルをご紹介いたします。

★日本!!人気!グランドセイコー偽物 モデル 9Sメカニカル ハイビート36000 GMT SBGJ249

外装 : ステンレス 裏ぶた:ステンレスとサファイアガラス
ガラス材質 : ボックス型サファイア
コーティング : 内面無反射コーティング
ケースサイズ : 横 39.5mm × 厚さ 14.1mm
腕周り長さ(最長) : 185mm
中留 : ワンプッシュ三つ折れ方式

ムーブメント : 9S86
駆動方式 : メカニカル 自動巻(手巻つき)
駆動時間 : 最大巻上時約55時間持続
精度 : 静的精度:平均日差+5秒~-3秒

機能
防水 : 日常生活用防水
耐磁 : あり
重さ : 150.0 g

確かにグランドセイコーの時計はエボリューション9でなくとも、光の表情によって美しく輝き、存在感を放つことが魅力の一つとして挙げられます。この輝きは、影があってこそ。

グランドセイコーではこの魅力を活かしつつも、「審美性の進化」「視認性の進化」「装着性の進化」を三本柱に、セイコースタイルをさらに再定義。これに加えてグランドセイコーならではのスポーツウォッチとして「瞬時の判読性、直感的に分かる操作性、頼れる堅牢性」を訴求。既存のセイコースタイルをさらに昇華させた新文法「エボリューション 9」を打ち出しているとのことです。

まだ宣材写真の段階ですが外装を見ると、なるほどアップデートという言葉がしっくりくるものです。

このアップデートは多岐に渡ります。

一例を挙げると、まずは「審美性の進化」。日本の美意識を具現化するべく、丁寧なヘアラインを主体としつつ歪みのない鏡面を連ねた多面ケースによって、「闇の黒」と「光の白」が端的に描かれていると言います。まだ当新作の実機を目にしたことはありません。しかしながら、確かにエボリューション 9の方のケースフォルムを見ると、ヘアライン・鏡面で巧みな稜線(りょうせん)が描かれており、只者ではない風格を感じさせます。

また、「視認性の進化」では、多面カットの針や深い溝が入れられたインデックスによって、いっそうの輝きを放ちつつも視認性の邪魔をしていません。

さらに「装着性の進化」としてグランドセイコーはケースの重心を下げる(リューズが裏蓋側に近い),ラグ幅を広くするといった、腕にフィットする仕様を盛り込むことに成功しました。グランドセイコーの高性能金属ブライトチタンを用いているため、軽量かつ耐久性に富むのも嬉しいところですね。

グランドセイコーでは比較的珍しい、しっかりとしたリューズガードの優美なラインは、エレガンスと堅牢性を両立します。

なお、このエボリューション 9は、ヘリテージラインやスポーツラインなどと同様、今後コレクションとして展開されていくようです。


【関連記事】:「スーパーコピー」って何?

コメント一覧

ヴァンクリーフ 激安 URL 2022年04月14日(木)13時38分 編集・削除

なぜ、ヴァン クリーフ&アーペルのジュエリーに憧れ、惹きつけられるのか。